カロナールは子供でも飲めるので助かる解熱剤

小学生と中学生の子供がいます。

どんなに大きくなっても子供が熱を出しグッタリしてしまうと親は焦ってしまいます。

下の子は上の子の免疫がついているからなのか小柄ですがあまり熱を出さず身体もかなり丈夫ですが、上の娘は今でこそ身体も丈夫になり病気もしなくなりましたが、小さい頃はよく熱を出し、感染症にも良くかかってきたので大変な時期がありました。

長女はインフルエンザやマイコプラズマ肺炎などにかかったことがあり、そのような時は決まって高熱が出るため、かなり心配することも多い子供でした。

一度、熱性痙攣を小さいときに起こしていることもあり高熱が出ると、かなり敏感になってしまうのですが痙攣したときから高熱が出たときに処方されているのが解熱剤であるカロナールでした。

一度熱性痙攣を経験しているのでかなり不安があることをいつもお世話になってる小児科で相談したらこの解熱剤は安心して使えると出してくれたのが始まりでした。

初めて新型インフルエンザにかかった時にも処方してもらえ結果としてその時には使用しませんでしたが予防接種もしていない新型インフルエンザにかかり高熱が出たときに使うことができる解熱剤があることはかなり安心することができました。

大きくなってからは熱性痙攣の心配はなくなりましたが時々疲れや寝不足によって高熱を出したときにも処方してもらったカロナールを飲むと早く熱が下がりやすくなり身体がだいぶ楽になるようなので娘も安心して服用できるようです。

そして何より娘が薬に中でカロナールを飲みたがるのは小さな時から薬を飲むのがとても苦手な子なので粉末やカプセルの薬をうまく飲み込むことができず錠剤であるカロナールは娘にも飲みやすい形状のようで他の解熱剤は嫌がってもカロナールだけはすぐに飲み込むことができるので親としても娘が飲み込みやすいできるカロナールを処方してもらうと安心できます。

かなり効き目が強く効果のあるカロナールですが高熱の時に無理に熱を下げることは体の負担になると思うのでどうしても高熱が苦しく体が辛いときにだけ服用させるようにしていますが持っているだけで安心することができる解熱剤でもあります。

(千葉県 子供の熱は心配しちゃうさん)

カロナール市販




痛風の痛さは想像以上のものでした。

過去に痛風発作を起こしたことがありますが、その時は以前から尿酸値がかなり上がっていてこのままではいつ痛風になってしまうのか分からないぐらいのような感じだったのです。

そして、ついに朝起きたら足の親指の先の方が少し腫れていて、しかも痛みを伴っている事に気づいて、最初の方は少し痛いというぐらいでしたけど、目がどんどん覚めて時間が経過するとかなりの痛みを伴ってきたのです。

どこかにぶつけたわけでもなかったですし、もしかしたら痛風になってしまったと頭をよぎりましたけど、その後病院に行くと検査の結果痛風という診断を受けましたから思った通りの診断です。

痛みですけど、横になっていてもずきずき足に振動がくるぐらいの痛みであり、当然ながら歩くとさらに痛みが増してくるような感じです。

普通に歩くのが難しいぐらいで、足を引きづりながら歩く感じで、過去に骨折した事がありますけどその時よりも数倍痛いぐらいの感じで痛みが治まるまではつらかったです。

痛風の痛みは、かなり痛いというのは知っていましたけど、自分の想像をはるかに超える痛みであり痛みがとれるまでは仕事も難しいぐらいでしたからきつかったです。

横になっていれば痛みがないのであればそこまでつらくないですが、どのような体勢をとっても痛みが続きますから痛風にならないようにきちんと予防しておけば良かったと後悔したぐらいです。

もちろん、病院からは痛み止めの薬と痛みを和らげてくれるシップをもらって、一週間ぐらいで痛みの方は良くなってきましたからその時はほっとした感じです。

その後に尿酸値を下げる薬を飲んで行く感じでしたから治療の方はそこまで苦痛ではなかったですけど、今でも痛風発作の時の痛みは覚えています。

(香川県 レアさん)




メンターム ディープナー10クリームはかかとがツルツルになる女性にやさしい水虫薬

働く女性に水虫の悩みは男性以上に多いと聞きます。

そんな私も実は長年、水虫に悩んでいました。

いろんな水虫の薬を試してきましたが、薬を塗ると一時期治るものの、汗ばむ夏の季節にはまた、水虫が再発するのでした。

こんなことは恥ずかしくて人には言えないし、水虫が治らないのなら病院に行けばいいのでしょうが、それもおっくうで放置ぎみでした。

そこでたまたま見つけたのは、水虫の市販薬のメンタームディープナー10クリームです。

メンターム ディープナー10クリーム

実はこの水虫の薬を最初に薬局で見かけたとき、まさかこれが水虫薬?薬局の人間違えたのだろうか?と目を疑いました。

それは、水虫薬の棚のところに普通のクリームか置いてあるように見えたからです。

とにかくパッケージがわわいい。

ピンクの箱で、一見して普通の足用のクリームとしか見えません。

でも、よく見ると小さ目の字で水虫と書いてあるのですね。

よくある一般的な水虫薬は男の人の足の絵が描いてあったり、ビシバシと衝撃的デザインが多いものです。

これでは、水虫の薬を買うのがとても恥ずかしくて、毎回嫌な気分でレジへ持っていったものでした。

そんな中、こういう女性向けのお薬があるなんて、見つけたときは感動しましたよ。

待っていました!と心のなかでガッツポーズを取った気分でした。

早速、メンターム ディープナー10クリームを購入して家で開封したところ、中身の瓶も全く医薬品といった感じがせず、その辺に置いても普通のハンドクリームにしか見えません。

これならば、家族や部屋に来た人に見られても恥ずかしくありません。

このメーカーやってくれるなあと再感動しました。

さっそく、メンターム ディープナー10クリームを一日一回入浴後に使いました。

匂いも爽やかで、塗ったあともサラサラで気持ちいい。

よくある水虫薬のようにしみたりしませんが、それでもしっかりカユミは止まりました。

かかとや足裏用と書いてありますが、指の間にも効きました。

軟膏やクリームによくあるベタつきは一切ありませんでした。

このように使い心地がとてもいいので、毎日欠かさず一瓶終わった頃に水虫はほぼ完治しました。

また、嬉しいことに有効成分には尿素が配合されています。

これは、よく肌荒れのクリームに入っている有名な成分です。

その尿素の効果もあってか、気になるかかとのガサガサも治りました。

普通は、水虫薬もであっても、よく効く肌荒れクリームであっても、普通は千円以上するものです。

ですが、メンタームディープナー10クリームはこの両方の効果があって、千円以内で買えました。

女性にやさしいしい上に、コストパフォーマンスも抜群でした。

(青森県 美佐子さん)







花粉症には漢方薬の小青竜湯が効きました。

私は春になると毎年、花粉症に悩まされています。

目のかゆみ、涙、ひどい鼻水鼻詰まり、くしゃみ…

私の花粉アレルギーは7段階中5と、やや重い花粉症です。

数年前までは、耳鼻科に通い、錠剤と目薬、点鼻薬をもらっていました。

でも、耳鼻科ってどこも大抵混むんですよね。

花粉症の季節は特に、2、3時間待ちはザラです。

仕事や育児の合間を縫って、耳鼻科に通うのは大変ですし、子連れでいくと、待ち時間に飽きてしまいグズグズ言い出します。

やっと診察を終えても、調剤薬局でまたこの季節は長く待たされるんですよね。

だから、子どもができてからは、通院が苦痛でした。

また、花粉症の薬って、眠たくなるものが多いんですよね。

耳鼻科でも、私は薬が効きやすくてすぐ眠くなってしまうから、できるだけ眠くならないものをお願いしますと頼んでいるのですが、それでもやっぱり眠くなってしまうんです。

だから、耳鼻科からは遠のいてしまい、マスクとドラッグストアの点鼻薬&目薬で、ごまかしごまかししながら何とかやり過ごしていました。

そんな悩みを、薬剤師の友人に話していたら、「それなら小青竜湯のめばいいじゃん。」って教えてくれたんです。

ショウセイリュウトウ…?何それ?と聞いたら、漢方薬だよ、と。

小青竜湯は眠たくならないし、漢方薬だから副作用もほとんどなく、ドラッグストアで買えるよ、と言われ、小青竜湯という漢字を教えてもらい、さっそく買いに行きました。

それまで風邪の時の葛根湯くらいしか漢方薬は使ったことがなく、漢方薬には、苦くて効き目が弱いというイメージしかありませんでした。

でも、ダメ元でいいから飲んでみようと思い小青竜湯を購入しました。

小青竜湯には粉末と錠剤がありましたが、苦みが苦手なので錠剤タイプにしました。

そして小青竜湯を飲んでみたら、目のかゆみや鼻水が、明らかに軽くなり驚きました!

全くなくなるということはないのですが、もう我慢できない…!というほどの花粉症の症状が、これ位なら全然我慢できるという程度に、時々忘れているくらいの程度に軽くなったのです。

漢方薬も即効性があるんだなぁと実感しました。

そして、小青竜湯には眠くなるという副作用が全くありません。

これは非常に嬉しかったです。

息子も花粉症がひどいので、小青竜湯を飲ませてみると、やはり花粉症の症状が軽くなりました。

息子はアレルギー科に通って服薬していましたが、正直言ってその薬より小青竜湯の方がよく効いています。

こんなよい漢方薬を教えてくれた友人に感謝しています!

(兵庫県 KYOさん)







気分変調性障害を入院して治療しました。

子供が重度の自閉症だとわかった日から私の性格が変わりました。

最初のうちはとりあえず普段の生活には何の支障もない、ただ毎日落ち込むような暗い気分でできるだけエネルギーを使わずに過ごしていました。

どうやらこれは今どきでいう気分変調性障害というらしいです。

其の後子供が成長するにつれ二次障害をおこし、問題行動が増えたあたりから夜よく眠れなかったり、その割には昼間は常時眠くてしかたがなかったり、食欲がなかったかと思えば吐きそうになるまで食べておなかを壊すといった明らかに鬱と思われる行動が増えました。

しかし子供を世話してくれる人がおらず、ずっとそのままの状態になりました。

ある時、セントジョーンズワートというサプリを思い立って飲んでみました。

しかし、セントジョーンズワートが効くことはなく、そのうちに子供が事故を起こしたのがきっかけで、私はうつどころか記憶喪失となり、緊急入院しました。

この時は最初、精神安定剤と睡眠薬が処方されましたが、離脱する時に苦しい思いをしたので以降絶対に飲むまいと誓いました。

この入院は鬱の原因から離れて暮らしたことと、認知行動療法というのを教えてもらい、かなり長い時間かけて治療しました。

現在はほかに生きがいを見つけ問題の子供の受け入れ先も決まり、穏やかに暮らしています。

(青森県 ぽこぺんさん)

生理前のプチうつは精油で治しています。

わたしは生理前になると、ホルモンのバランスが崩れ、感情の起伏が激しくなってしまいます。

もちろんいい意味でも明るくなったりするのですが、逆にずどーんと落ち込んだり、イライラしたりすることも多くなるのです。

そのため、普段は何気ない言葉にあまり反応することがないのに、そのような言葉が心に引っかかってずっと考え込んでしまったり、落ち込んだりしてしまうのです。

そのような時、わたしは、大好きな精油をディフューザーで拡散させて香りをかぐことによって、プチうつを乗り越えています。

香りを嗅ぐ臭覚というのは、人間の五感の中で唯一脳に直接働きかけることができるそうで、実際わたしも精油の香りを嗅いで、すぐぐらいに気持ちがリラックスできるのです。

わたしが落ち込んだ時や気がめいった時に使っている精油は、元気になるということで有名なオレンジなど柑橘系のオイルと、生理前などホルモンのバランスが崩れている時に使うとよいとされているゼラニウムです。

そのおかげで、わたしのプチうつは、だいぶ軽減されているように感じます。

女性はホルモンのバランスが崩れるとすぐうつ気味になってしまいかねません。

だから、いつでも自分の身体のバランスをコントロールできるようにしておくことが大切です。

わたしの場合は、それが精油です。

(奈良県 silkさん)

私の4つのうつ対処法

うつを患って10年以上が経ちました。

仕事や人間関係にひどく悩んだ末、気が付けば命を絶つことばかり考えるようになっていたのです。

次第に味覚や嗅覚などの感覚器官もひどく鈍くなり、生きている実感がますます薄れつつありました。

眠っている間に事切れていますようにと切実に願い、目覚める度に自分がまだ呼吸していることに絶望するどん底の日々でした。

今では当時のそんな真っ暗闇からなんとか這い上がり小康状態を保っていますが、それでも時折、猛烈なうつの波に飲まれてしまうことがあります。

その時に再びうつに引き込まれ、自分を見失ってしまわないように気をつけていることを紹介したいと思います。

・日常的に身体を温かい状態にしておくこと
身体が温まる食事、飲み物を。軽い体操や散歩など適度な運動も忘れずに。

・うつに効果的な食品を選ぶ
肉や魚、納豆にバナナに豆乳など他にも色々あります。

・サプリメントを摂取する
特にビタミンB群や亜鉛等が欠乏するとうつにかかりやすくなるようです。

・入浴時に耳まで浸かる
少しの間息を止めねばならないのですが、首の後ろや耳が温まるととても心地良くリラックスできます。

うつを完治させるのは難しいと聞きますが、こうして日々気をつけていれば少しづつ快方に向かっていくと信じています。

(大阪府 ペンネーム しろろさん)







プチうつはデパスやコンスタン、レクサプロ、レキソタンで治します。

自分の仕事は医療関係。

業種は伏せておきますが、日々患者さんと接しますので、働いている人が患者さんから
「大丈夫ですか」
なんて言われるわけにはいかないのです。

いつもこちらから患者さんを励まし元気づけることをしなければなりません。

いくらこちらが「うつ」、自分の場合は「プチうつ」と思っていますが、生活も懸かっているのでそんなことで仕事を休むわけにはいきません。

ですから自分のいる病院で薬を処方してもらっています。

最初は不安や神経症状態だったので「デパス」「コンスタン」を処方してもらっていました。

1年間くらいはよかったのですが、急に症状が悪化したことがあって「レクサプロ」を処方してもらいました。

しかし、この「レクサプロ」。

私にはお薬が強すぎて仕事中に頭痛がひどく、逆に仕事にならないので止めました。

いまは「コンスタン」より少し長期的に効果のある「レキソタン」を使っています。

元々、筋緊張性頭痛も持っています。

レキソタンは筋弛緩も薬効にあるので快適に使っています。

いちばん最低量で服用しているので、仕事の状態と気持ちの状態で適宜増量して乗り切っています。

本当は薬などに頼らずに趣味を楽しんだり、休日にリフレッシュしたりすることで、気持ちを落ち着かせてあげることが良いのでしょうが、医療という仕事をしている限りは休日も仕事のことを考える日が多いく、気が休まることがありません。

医療業界にいると業種問わず、こんな状況の方はたくさんいます。

(東京都 さとこさん)

胃カメラと大腸検査の時に睡眠導入剤を服用しました。

以前、胃腸の痛みが1ヶ月ほど続いて、薬をその間服用したのですが、全然治らないため検査を受けることになりました。

胃カメラと、大腸検査をしてみましょう。

ということになり睡眠導入剤を使うかどうか、聞かれました。

眠っている間に、何が起こるかわからないし、起きていればカメラで自分で確認出来るから最初はやらないでおこうと思っていました。

お医者さんの話では、痛いので導入剤で寝てるほうが楽ですよ。

という話を聞き少々怖くなって、寝てる間に済むほうがいいかも….っと思いが変わって睡眠導入剤を使っての検査をすることになりました。

一例の準備をして、ベットに横たわって注射を打たれて眠りに付きました。

気が付いた時には、すでに違うベットにいるので、どうやってここまで来たのだろう…..と不思議な思いになりました。

子供に付き添ってもらったのですが、どうやら車椅子に乗って、ここまで来て寝たということ。

よく記憶をたどってみるとそういう記憶も無きにしも非ず。

少々怖いな….っという思いもしました。

それから、一年後また胃カメラをしたのですが、睡眠導入剤なしでやりました。

吐きそうになるのを何とか我慢して、終わったのですが、前回の楽だった経験が思い出されました。

眠っていて、知らないうちに移動している事自体は、怖いのですが、私自身苦痛がとても大きいので、次回からはまた、睡眠導入剤にたよってしまいそうです。

(福岡県。 o.fさん)




ハルシオンは睡眠導入剤として素晴らしいと思います。

かつては不眠症にかなり悩まされておりました。

その時に処方されて常用していた睡眠導入剤がハルシオンです。

ハルシオンは、寝る前に飲んでもいいし、寝る一時間前に飲んでおいてもかなりの効き目を発揮しました。

お茶とかコーヒーなどのカフェインをたくさん飲んでいてもハルシオンさえあれば睡眠で困ることはありませんでした。

けど、お医者様からよく言われた事は、自律神経をうまく調整していけばハルシオンなしでも眠れるはずですと言われていました。

しかし、当時は睡眠不足とかで倒れてしまうのではないかと余計なメンタル的な不安をかかえておりハルシオンなしで眠ることは、本当に少なかったです。

仮に何もせず、普通に横になろうと思っても眠れません。

眠れないから水分補給したりトイレ行ったり立ち上がるだけでも億劫でした。

なかなか寝付けないからイライラしてくることもありました。

ハルシオンなしでも確かに眠れたと思ったら二時間くらいで目が覚めました。

そういう事がしばしばあった記憶があります。

出先でハルシオンなしなんて絶対眠れる事はなかったです。

睡眠導入剤なかったら、出先では薬局でなんらかの漢方薬をハルシオンに近い何かありませんか?と相談して、緊急に見つかる分とかいただいておりました。

今はハルシオンとか他の漢方薬とかも飲まずに眠れていますが、当時は本当に何もなしで眠るなんて事はありませんでした。

眠っても二時間とかで目が覚めてしまうし、薬に頼りっきりでした。

逆に言えばそれだけハルシオンは睡眠導入剤として素晴らしいということになります。

(岡山県浅口市鴨方町深田 イニシャルVさん)