花粉症には漢方薬の小青竜湯が効きました。

私は春になると毎年、花粉症に悩まされています。

目のかゆみ、涙、ひどい鼻水鼻詰まり、くしゃみ…

私の花粉アレルギーは7段階中5と、やや重い花粉症です。

数年前までは、耳鼻科に通い、錠剤と目薬、点鼻薬をもらっていました。

でも、耳鼻科ってどこも大抵混むんですよね。

花粉症の季節は特に、2、3時間待ちはザラです。

仕事や育児の合間を縫って、耳鼻科に通うのは大変ですし、子連れでいくと、待ち時間に飽きてしまいグズグズ言い出します。

やっと診察を終えても、調剤薬局でまたこの季節は長く待たされるんですよね。

だから、子どもができてからは、通院が苦痛でした。

また、花粉症の薬って、眠たくなるものが多いんですよね。

耳鼻科でも、私は薬が効きやすくてすぐ眠くなってしまうから、できるだけ眠くならないものをお願いしますと頼んでいるのですが、それでもやっぱり眠くなってしまうんです。

だから、耳鼻科からは遠のいてしまい、マスクとドラッグストアの点鼻薬&目薬で、ごまかしごまかししながら何とかやり過ごしていました。

そんな悩みを、薬剤師の友人に話していたら、「それなら小青竜湯のめばいいじゃん。」って教えてくれたんです。

ショウセイリュウトウ…?何それ?と聞いたら、漢方薬だよ、と。

小青竜湯は眠たくならないし、漢方薬だから副作用もほとんどなく、ドラッグストアで買えるよ、と言われ、小青竜湯という漢字を教えてもらい、さっそく買いに行きました。

それまで風邪の時の葛根湯くらいしか漢方薬は使ったことがなく、漢方薬には、苦くて効き目が弱いというイメージしかありませんでした。

でも、ダメ元でいいから飲んでみようと思い小青竜湯を購入しました。

小青竜湯には粉末と錠剤がありましたが、苦みが苦手なので錠剤タイプにしました。

そして小青竜湯を飲んでみたら、目のかゆみや鼻水が、明らかに軽くなり驚きました!

全くなくなるということはないのですが、もう我慢できない…!というほどの花粉症の症状が、これ位なら全然我慢できるという程度に、時々忘れているくらいの程度に軽くなったのです。

漢方薬も即効性があるんだなぁと実感しました。

そして、小青竜湯には眠くなるという副作用が全くありません。

これは非常に嬉しかったです。

息子も花粉症がひどいので、小青竜湯を飲ませてみると、やはり花粉症の症状が軽くなりました。

息子はアレルギー科に通って服薬していましたが、正直言ってその薬より小青竜湯の方がよく効いています。

こんなよい漢方薬を教えてくれた友人に感謝しています!

(兵庫県 KYOさん)